2021年10月27日

やまがたハイブリッド環境展

「やまがたハイブリッド環境展」、もうご覧になりましたか?WebサイトのAゾーンには環境科学研究センターも出展しています!センターの業務や気候変動適応センターの紹介動画、PM2.5の1時間ごとの測定結果も見ることができますよ。ぜひご覧ください。
https://www.yamagata-kankyouten.com/list/a-zone/exhibit/corporate10.html
(大気測定結果へ)http://www.yamagatapref-taikikanshi.jp/taiki/index.html



  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 15:59

2021年10月27日

◇スポGOMI~令和3年やまがたハイブリッド環境展大会~◇

10月23日に、スポGOMI~令和3年やまがたハイブリッド環境展大会~を実施しました。残念ながら由良会場は、波が高く強風のため中止となりましたが、山形会場(山形ビッグウイング)には44名12チームのみなさんに参加いただきました。


みなさん、山形ビッグウイング周辺にゴミが落ちている印象はありますか?
なんと、山形ビッグウイング周辺にも空き缶やたばこの吸い殻(まだポイ捨てする人がいるんですね(-_-;))、さらにプラスチック容器やマスクなどが落ちていて、合計13.2kgのゴミが回収されました。
きれいに見える街中にも、意外とこんなにゴミが落ちているんですね(^^;)



実は、海岸に流れ着くゴミの約7割は、街のゴミが川や水路から海に流れ出たものと言われており、街のゴミ拾いは、海ごみを減らすことにつながっているのです。

これからも、「裸足で歩ける庄内海岸」を目指して、一緒に街からきれいにしましょう!(^o^)ノ
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 14:49

2021年10月22日

山形県が「日本一空気がきれいな県」になりました

山形県が「日本一空気がきれいな県」第1位になりました!4年連続ですicon22令和元年度の全国のPM2.5の値が公表され、山形県が一番低い結果でした。思わず深呼吸したくなりますね。
日本一空気がきれいな山形県、みんなで守っていきましょう。(写真は朝日町の空気神社です。)


  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 17:51

2021年10月13日

環境省の酸性雨の長期モニタリングに関する調査についてご紹介します。(動画あり)  【山形県環境科学研究センター】

この調査は、環境省で昭和58(1983)年度から行われている調査で、日本の酸性雨の実態と影響を評価するものです。
また、東アジアの国々13か国が協調して酸性雨モニタリングに取組んでいます。
当センターでは、全国的な調査の一端を担っており、陸水への影響調査として戸沢村の今神御池で実施しています。
人為的な影響のない場所を選定しているため、現地まではかなり厳しい道のりとなります。













☆☆動画は以下からご覧ください。☆☆
https://youtu.be/YQXTHSi8OJw
※上の画像からもアクセスできます。

【問合せ先】
山形県環境科学研究センター
村山市楯岡笛田3-2-1
TEL0237-52-3121、FAX0237-52-3135
メール:ykankyose@pref.yamagata.jp
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 11:57

2021年09月30日

Ⅱ型共同研究をご紹介します。(動画あり)

当センターでは、様々な研究等を行っていますが、今回は、当センター水環境部と国立環境研究所との共同研究「生物応答を用いた各種水環境調査方法の比較検討」を紹介します。この研究は、水に棲む生物の反応から水質の状況を把握することが可能かどうかを探るものです。
当センターでは、「ミジンコ」で試験をしています。









☆☆動画は以下からご覧ください。☆☆
https://youtu.be/xvAztJI8RnM
上記写真をクリックしても見ることができます。

【問合せ先】
山形県環境科学研究センター
村山市楯岡笛田3-2-1
TEL0237-52-3121、FAX0237-52-3135
メール:ykankyose@pref.yamagata.jp
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 11:03

2021年09月02日

真室川町のブナ・ナラ豊凶調査(8/24)の際に見られた植物です。 【山形県環境科学研究センター】

今回は種となる部分にフォーカスしています。

【アブラチャン】


【ウド】


【サワグルミ】


【ツルアリドオシ】


【ユキザサ】


≪ブナ・ナラ豊凶調査でトラップ周辺の環境整備を行いました。≫



【問合せ先】
山形県環境科学研究センター
村山市楯岡笛田3-2-1
TEL0237-52-3121、FAX0237-52-3135
メール:ykankyose@pref.yamagata.jp
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:40

2021年08月24日

南陽市周辺で自然生態系保全モニタリング(8/17)を行いました。【山形県環境科学研究センター】

調査地付近で見られた植物です。

【エゾタツナミソウ】


【キンギンボク実】


【クサボタン】


【クモキリソウ実】


【ツルリンドウ】


【フジカンゾウ】


【ミヤマウズラ】


【ヤマジノホトトギス】


【ルイヨウショウマ実】


【問合せ先】
山形県環境科学研究センター
村山市楯岡笛田3-2-1
TEL0237-52-3121、FAX0237-52-3135
メール:ykankyose@pref.yamagata.jp

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 10:14

2021年08月18日

居合道を体験しました!(動画)【山形県環境科学研究センター】

センターのある村山市では、居合道発祥の地として、居合神社隣の振武館(村山市林崎)で居合道の体験プログラムを実施しています。
当センター職員が家族と体験してきましたので動画(約5分)を公開します。

【体験の様子】


☆☆動画は以下からご覧ください。☆☆

https://www.youtube.com/watch?v=WvUb18UGePU

【問合せ先】
山形県環境科学研究センター
村山市楯岡笛田3-2-1
TEL0237-52-3121、FAX0237-52-3135
メール:ykankyose@pref.yamagata.jp

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 10:36

2021年08月16日

庄内地域で自然生態系保全モニタリング(7/27)を行いました。【山形県環境科学研究センター】

自然の中では、色々な生物がお互いに関わりを持ちながら微妙なバランスで生態系を築いていて、生きていくための土台となっています。長期的にモニタリング調査を行うことで、早く異変に気付き、その原因を明らかしていきます。
※絶滅危惧種については、調査に支障が生じる可能性があるため、現地では確認していますが、掲載はしませんのでご了承願い

【オモダカ】


【キンミズヒキ】


【クサレダマ】


【コケオトギリ】


【ツリガネニンジン】


【ツリバナ実】


【フサモ】


【ヘクソカズラ】


【モミジガサ(しどけ)】


【問合せ先】
山形県環境科学研究センター
村山市楯岡笛田3-2-1
TEL0237-52-3121、FAX0237-52-3135
メール:ykankyose@pref.yamagata.jp  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:59

2021年08月16日

最上地域の与蔵峠(7/26)での写真を公開します。【山形県環境科学研究センター】

【ノリウツギ】


【マタタビ実】


【ヤマユリ】


【ヨツバヒヨドリ】


【エゾアジサイ】


【ケナシヤブデマリ実】


【問合せ先】
山形県環境科学研究センター
村山市楯岡笛田3-2-1
TEL0237-52-3121、FAX0237-52-3135
メール:ykankyose@pref.yamagata.jp
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:59

2021年08月12日

里の名水だより

山形県では、地域の人々に育まれてきた優れた湧水を「里の名水・やまがた百選」として選定し、県内外に広く紹介しています。
https://www.pref.yamagata.jp/050014/kurashi/kankyo/mizu/meisui/meisui.html
これまで選定された湧水は60箇所です。
山形県の水大気環境課公式You Tubeや、
https://www.youtube.com/channel/UCxI6EQ5vC3MqRfzlKp5RRrw
美しい山形・最上川フォーラムの公式You Tubeでは、
https://www.youtube.com/channel/UCTrNF6JYRKFLkpI7BZYN40A
里の名水の魅力を紹介しています。ぜひご覧ください。

今回は涼を求めて、寒河江市の「長命水」に出かけてきました。
長命水は寒河江市白岩から北に入った葉山市民荘の入り口にあります。
葉山を水源とする冷たい湧水が勢いよく流れ出ています。


また、ここは「やまがた百名山」の葉山の畑コースと立岩コースの登山口でもあります。
畑コースを登って行くと、葉山山頂まで160分、葉山神社まで180分とあります。
やまがた百名山の葉山は、東北百名山でもあるのですね。


大円院跡まで行くと岩野コースから葉山に登ることもできます。

葉山登山は次の機会にして、大円院跡に向かって車道を歩いてみました。
道沿いには涼しげなエゾアジサイや、とても大きなオオウバユリが咲いていて、涼しい散策を楽しむことができました。




長命水は「里の名水・やまがた百選」と「やまがた百名山」を併せて楽しむことができます。皆さんも葉山の麓まで出かけてみてはいかがでしょうか。
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 16:49

2021年08月11日

親子で楽しむ環境科学体験デー(R3年6月27日(日))の動画を公開します。【山形県環境科学研究センター】

R3年6月27日(日)に開催した体験デーの様子を動画(約20分)で公開します。

当日実施された体験メニューを
①電気ミニカー試乗②環境工作③里山探検④森のホームステイ⑤スライムづくり⑥酸素の量を測ろう⑦色の分解
の順に紹介しています。

【電気ミニカー】


【環境工作】


【里山探検】


【森のホームステイ】


【スライムづくり】


【酸素の量を測ろう】


【色の分解】



☆☆動画は以下からご覧ください。☆☆
https://www.youtube.com/watch?v=emj5r0zj3mg

【問合せ先】
山形県環境科学研究センター
村山市楯岡笛田3-2-1
TEL0237-52-3121、FAX0237-52-3135
メール:ykankyose@pref.yamagata.jp  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 14:49

2021年07月29日

廃棄物焼却施設の排ガス検査(7/16)を行いました。(動画あり)【山形県環境科学研究センター】

◆煙突から排ガス等を採取


◆現場で排ガス成分の分析、ろ紙による"ばいじん"の捕集



◆センター内での分析




☆☆動画は以下からご覧ください。☆☆

https://www.youtube.com/watch?v=KQ0wE3TTiK8

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 13:21

2021年07月26日

酒田市新井田川の水質検査(7/8)を行いました。(動画あり)【山形県環境科学研究センター】

◆川から採水します。


◆現場での分析



◆センターでの分析




☆☆画は以下からご覧ください。☆☆
https://www.youtube.com/watch?v=yOTdtHSl5jc

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:11

2021年07月26日

庄内地域で自然生態系保全モニタリング(7/13)を行いました。【山形県環境科学研究センター】

自然の中では、色々な生物がお互いに関わりを持ちながら微妙なバランスで生態系を築いていて、生きていくための土台となっています。長期的にモニタリング調査を行うことで、早く異変に気付き、その原因を明らかしていきます。

※絶滅危惧種については、調査に支障が生じる可能性があるため、現地では確認していますが、掲載はしませんのでご了承願います。

【クララ】


【モリアオガエル】


【ウワバミソウ(みず】


【トリアシショウマ】


【ミゾカクシ】


【シロバナカモメヅル】


【ハナカイダ実】


【問合せ先】
山形県環境科学研究センター
村山市楯岡笛田3-2-1
TEL0237-52-3121、FAX0237-52-3135
メール:ykankyose@pref.yamagata.
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:10

2021年07月08日

初赤トンボ!

 小松沢観音様への参道で、今年初めての赤トンボ(ノシメトンボ)を見つけました。
  「もう、赤トンボ?」と思う方もいらっしゃるかと思います。
赤トンボ(ノシメトンボ、ナツアカネ、アキアカネなど)は、暑い夏は高山に避暑に出かけ、秋に赤く変身して里に帰ってきます。全ての赤トンボが山に移動するのではありませんが、うらやましいですね。


 小松沢観音様近くでは、ウツボグサが満開です。


 ふもとでは、ノカンゾウが咲き始めました。
 暑い日が続きますが、里山の木陰では涼しい風が心地よいです。
 どうぞ、夏の装いの里山をお楽しみください。


  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:32里山だより

2021年07月08日

「東北・水すまし賞」募集が始まりました!

日本水環境学会東北支部主催の2021(令和3)年度「東北・水すまし賞」募集が始まりました!

「東北・水すまし賞」は、地域の水環境を守る活動や、水環境の調査研究を長年行っている小・中・高等学校の児童・生徒を表彰するもので、平成4年から行われています。学校、学年、クラブ活動や、団体、個人でも応募できますよ。
令和2年度は東北6県から3団体・1個人が受賞しました。山形県からは、山形市立第四中学校の伊藤隼さんが、「山形市馬見ヶ崎川の水生生物調査(2016~2020年)」のテーマで受賞しています。
詳しくは、ブログ[「東北・水すまし賞」授賞おめでとうございます!(2021/3/22)
http://tsunakanyamagata.n-da.jp/e833212.html]をご覧ください。



応募要項や応募用紙など詳細は、水環境学会東北支部のホームページをご覧ください。
水環境学会東北支部ホームページ http://jswetohoku.web.fc2.com/



応募の締め切りは12月25日です。
応募先は、当センターになっていますので、ご不明の点は、お気軽にお問い合わせください。
〒995-0024 山形県村山市楯岡笛田3-2-1
山形県環境科学研究センター 水環境部 担当:辻
TEL 0237-52-3190 FAX 0237-52-3135

さて、河川の調査といえば、 “水生生物調査” もおすすめです!
ぜひ、こちらも取り組んでみてください!!
水生生物による水質調査【参加者募集】
https://www.pref.yamagata.jp/053001/kurashi/kankyo/kyoiku/gakushuushien/suisei_seibutsu.html



  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:27

2021年07月08日

東北の自然とくらしウォッチャーズ

 温暖化による気温の上昇や集中豪雨など、近年の気候変動により自然や暮らしの変化が大きくなっています。「桜が咲くのが早くなったな」、「今年はもう冷房つけちゃった」など、気温の上昇に伴って起こると考えられているさまざまな現象が、私たちの身の回りでもすでに起こり始めていることに気が付いている人も多いと思います。
「東北の自然とくらしウォッチャーズ」は、このような現象の中でも特に、動植物の状態が季節によって変化する現象(みんみんぜみの初鳴やイチョウの葉っぱが黄色くなった日など)、人々の生活と大きく関連している季節現象の早まりや遅れ(初雪など)の情報をSNS上でシェアすることにより、気候変動への適応について、みんなで共有していくものです。
このブログをご覧のみなさま、ぜひ、アプリをインストールして参加してください!






  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:18募集のお知らせイベント【環境全般】

2021年07月06日

山形工業高校のインターンシップ(動画あり)【山形県環境科学研究センター】

R3年7月2日(金曜日)山形工業高校の2年生3人が山形県環境科学研究センターにインターンシップで来所しました。

◆研究棟で様々な機材等を使用して水や大気の分析をしていることを紹介しています。


◆R3年4月1日から当センターに設置された「山形県気候変動適応センター」について紹介しています。
 世界的にCO2削減など気候変動を穏やかにしていくための各種施策を実施していますが、温暖化の影響は避けることができないため、そうした状況に「適応」していくことが求められています。


◆「NPO法人環境ネットやまがた」の安藤さんからリサイクル材料を使用して環境に配慮しながら、物理的な原理を活用した各種工作等について説明していただき、実際に体験してもらいました。




☆☆以下のURLから動画を視聴することができます。☆☆
https://youtu.be/WB-dMMTBFWw
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 16:31環境教室

2021年07月01日

ブナ・ナラ豊凶調査(動画あり)【山形県環境科学研究センター】

〇ツキノワグマの餌となるブナ・ナラの開花・結実を調査することで、
ツキノワグマの出没予測に活用しています。
ネットを設置してその中に入った実の数を調べます。
トラップ設置作業中

〇調査の動画は下記のアドレスから見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=l5w7fGXVQbE

〇調査に当たっては動植物の生態系にも注意を払っています。
今回は以下のような植物を確認しました。
<イチヤクソウ>

<カスミザクラ>

<ムラサキシキブ>

<オカトラノオ>

<オオバクロモジ>



  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 16:52その他