2021年01月20日

令和二年度“山の実り調査”結果について(クリの実がよくなったようです。)

【環境科学研究センター】

 環境科学研究センターでは、野生動物の食料となっている主要な山の木の実について、実りの状況を調査しています。
 この度、下記の通り令和二年度の“山の実り調査”の結果がまとまりました。

山の実り調査について(センターホームページ)


 この調査では、山に精通している方々を中心にアンケートを行い、
 アケビ、オニグルミ、クリ、サルナシ、ヤマブドウ、キイチゴの6種について、
 凶作~豊作までの5段階で回答してもらっています。
 アンケート調査にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 今年度の調査樹種の傾向を大きくまとめると、
 クリ → やや豊作傾向
 オニグルミ、アケビ、キイチゴ → 例年並み傾向
 サルナシ、ヤマブドウ → やや凶作傾向 ということで、
 各地でクリの実がよくなったようです。
 アケビ、キイチゴも昨年度のやや凶作から、例年並みに回復したようです。

 また、アンケートでは、野生動物や自然環境について様々な情報も寄せていただきました。
 去年あまり山に行けなかったな~という方も、これを見れば、山に行った気分になれるかも?

 その他、ブログでも何度か、どんぐりの話題がありましたが、
 ミズナラ、コナラの豊凶結果についても載っていますので、どうぞご覧ください!


  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 17:35その他

2021年01月18日

“森づくり活動”を募集しています。(“森づくり”は森づくりだけではありません!)

【環境科学研究センター】

 やまがたの豊かなみどりを県民共有の財産として健全な状態で未来に引き継ぐため、地域の方々やNPO、企業の皆さんが自主的に取り組む“森づくり活動”などを支援しています。

 対象となる事業は、次のとおりです。
・豊かな森づくり活動    【例】地域住民との協働による里山林の保全活動
・自然環境保全活動     【例】希少野生生物の生息地保全活動
・森や自然とのふれあい活動【例】子ども達や地域住民に対する森林・自然環境学習
・木に親しむ環境づくり   【例】木材の地産地消の取組み、木育の取組み

山形県みどり豊かな森林環境づくり推進事業 地域提案事業(県民提案型)

 でも、森づくりって言ってもあまり関係ないな~なんて思っていませんか?
 実は、“森づくり”は森づくりだけではありませんよ!futaba

 もちろん、森はいろんな生き物のすみかとなります。
 特に、人が適度に関わってきた身近な雑木林など“里山”の自然環境には、里山固有の草花や昆虫など、多くの生物たちを育んできました。
 この里山に、人手が入らず放置され荒廃してしまうと、多くの生き物が絶滅してしまうかもしれません!

 さらに、里山に人の気配がなくなり、うっそうとした藪になると、奥山の動物たちが人里まで出てきやすくなってしまったりもします。

 また森には、降った雨をスポンジのように吸収して蓄え、ゆっくりと川に流すことで、安定した水量を保ち、洪水や渇水を緩和する役割もあります。icon11
 森が管理されないと、この効果も弱くなり、洪水や水不足なども多くなるかもしれません。森が流域全体を守っているのですね。
 近年気候の変動が大きくなり、大雨や干ばつも多いので、とても大切な役割です。

 そして、森の土を通った水は、栄養豊富な水になり、川を流れて海へ行き、豊かな海を育むことにもつながっているのです。
 “森”づくりは“海”のためでもあるのです!
 そして海の恵みが、サクラマスのように、川に、そして森に戻ってきたりもしますね。

 さらには、森にたくさん光が差しこみ森が元気になれば、光合成をしてたくさん二酸化炭素を吸収して、地球温暖化防止にもつながります!
 身近な森づくりが、地球全体の環境にもつながる!スケールが大きいです。

 もちろん、森や自然にふれあい、木に親しむことは、“人づくり”、“地域づくり”にもなりますね。kao2

 その他にも、森林にはいろんな役割がありますよ。
 山形県の森林(みどり自然課HP)

 皆さんぜひ、森林や自然環境を自らに直接関わる問題として認識し、
 “森づくり活動”などに参加して、身近な自然を楽しんでみましょう!
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:14募集のお知らせその他

2021年01月15日

再生可能エネルギーの利活用!大雪でも太陽光発電頑張っています!(見学もどうぞ。動画もおすすめです!)

【環境科学研究センター】

 寒波に大雪続きですが、いかがお過ごしでしょうか?

 センターの隣には、企業局の“山形県営太陽光発電所”があります。
 山形県営太陽光発電所(企業局電気事業課HP)
 積雪も大変な事になっていますが、天気がいい日には頑張って発電しています。


 現在の発電電力はというと…

 写真に写りませんでした。。。

 ちなみにこの時(13:00)は、
 現在の発電電力:334kW
 本日の発電電力量:575kWh、61世帯相当分
 でした。(今日ではありませんm(__)m)

 ちなみに、“山形県営太陽光発電所”は、
 積雪の多い地域での大規模太陽光発電の先導的、実証的取組みとして、
 “パネルの種類”、“パネル取付角度”、“パネル架台高さ”、“基礎種類”を変えてデータを取っているのです。

 下の写真の一番奥の列が、“パネル取付角度”を少し急にしているところですが、
 雪が落ちているのが解りますね。

 太陽光発電所の案内もしていますので、見学にもぜひ来てください!

 “冬の省エネ県民運動実施中”ということで、最近省エネの話題が多かったですが、
 無駄をなくして、効率的に使っても、どうしてもエネルギーは必要です。

 そこで“ゼロカーボン”に向けて、“省エネ”に加え、
 “再生可能エネルギーの利活用”も大切になってきます!

 ぜひ、身近なところから再生可能エネルギーを使った生活を始めてみましょう!

令和2年度山形県再生可能エネルギー等設備導入事業費補助金(エネルギー政策推進課HP)
(蓄電池設備、地中熱利用装置(融雪装置)は募集終了しています。)

 自分で設置するのは大変かな…と思っている方は、
 再生可能エネルギーで発電している電気を選んで使う、という方法もありますね。
(株)やまがた新電力によるエネルギー地産地消の取組み(エネルギー政策推進課HP)
【やまがた希望創造パワー】(県内企業等の電気料金の割引)(企業局電気事業課HP)

 農産物だけでなく、エネルギーも、“地産地消”する時代ですね。face02
 再生可能エネルギーといえば、センターのYouTubeでも取り上げていますよ。

山形県環境科学研究センター公式YouTubeチャンネル

 さらに動画といえば、山形県の“やまがた環境展”、環境省の“エコライフ・フェア”もぜひご覧ください!

令和2年やまがたオンライン環境展(1/31まで)
エコライフ・フェア2020 Online(1/17まで)  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 11:15その他

2021年01月14日

大雪のセンターの屋上で…(酸性雨調査)

【環境科学研究センター】

 大雪でセンターの屋上もかなりの雪ですが、実は屋上にこんなボックスがあります。
 時々何かごそごそやっていますが、これはいったいなんだと思いますか?


 実は、酸性雨を調査するために、雨を集める装置でした。

 
 今の時期は、雪も溶かして、ボックスの中のタンクに集めています。


 そして集めた雨(雪)の、pHや電気伝導度を計ったり、

 ろ過して、イオンクロでイオン成分を計ったりします。

 これは、酸性雨による被害を未然に防止するため、酸性雨の実態を長期的にモニタリングしているのです。

 最近は酸性雨も少し良くなってきているようですね。
 この様にセンターでは、県民の皆さんの安全安心のため、いろいろな環境調査をやっているのです。

 そういえば、センターYouTubeの新作も酸性雨がテーマでした。face02
 山形県環境科学研究センター公式YouTubeチャンネル

 ところで、酸性雨の原因はというと、工場・発電所の煙や自動車の排気ガスなどですね。
 ということは、省エネ・エコドライブなどの取り組みが、酸性雨もよくしていきます!

 現在「冬の省エネ県民運動」実施中です!
 令和2年度 冬の省エネ県民運動(環境企画課HP)
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 12:55その他

2021年01月13日

食品ロス削減!環境にやさしい料理をお試しください!(お餅のレシピも!)

【環境科学研究センター】

 今年はコロナ禍のなか、ご自宅で食事をすることも多いかと思いますが、
 “食品ロス”の半分は家庭から発生しています。

 家庭で食品ロスを減らすには、買い物・料理・食事、それぞれのコツがありますが、
 料理の時は、“食材を無駄なく使い切る”、“食べきれなかった料理はリメイクする”等もその1つです。

 県では、そのような“食品ロス削減”につながる「環境にやさしい料理レシピ」のコンテストを開催し、人気レシピをホームページに掲載しています。
 その中から、お正月に余ってしまうことも多い、“お餅”のレシピもありましたので紹介いたします。

(2018(平成30)年度人気レシピ集:PDF)

環境にやさしい料理レシピコンテスト(循環型社会推進課HP)

 お餅といえば、お雑煮、納豆、あんこ、きな粉、ずんだ、のり、クルミなど、いろいろ料理がありますが、グラタンにするのもおいしそうですね。
 野菜を“まるごと”使っているのも、食品ロス削減です!

 その他にも多くの「環境にやさしい料理レシピ」が載っています!
 レシピ集をご覧いただき、ぜひ“環境にやさしい料理”をお試しください。(^^)
 1人ひとりが“もったいない”を意識して、食品ロス削減のためにできることから始めてみましょう!

 なお、以前紹介した「山形県食品ロス削減セミナー」は中止になってしまい残念でしたが、講師資料がホームページに公開されています。ぜひご覧ください。

山形県食品ロス削減セミナーの講師資料等の公開について(循環型社会推進課HP)

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 08:51その他

2021年01月12日

再配達防止!宅配便は1回で受け取ろう!(“宅配ボックス”もおすすめです。)

【環境科学研究センター】

 新型コロナウイルスの猛威がなかなか収まらないなか、懸命に業務に従事いただいております医療従事者の皆様には、改めて感謝申し上げます。
 皆様も、ご自分と、自分の大切な人を守るための行動をお願いいたします。

 さて、あまり買い物にも出かけられないということで、インターネットで買い物をする人も増えてきたかと思いますが、宅配便は1回で受け取れていますか?
 また、再配達してもらえばいいか、なんて思っていませんか?



 実は、宅配便の約2割は1回で受け取れず、再配達となってしまっています!
 再配達となると、トラックが無駄に何度も走らなければならなくなり、そのぶん排出されるCOの量が増え、地球環境に対して大きな負荷がかかっているのです。
 もちろん運転手さんの労力も2割増しになってしまいます。

 1回で受け取るためにできることは簡単!"受け取る時間帯や場所を指定する”ことです!

 注文するときに、配達日時を指定するだけでOK!
 忘れないよう、メールでお知らせを受けるサービスなども利用しましょう。
 都合が悪くなったら、事前に簡単に変更することもできます。

 自宅で受け取れない場合は、受取場所を指定しましょう!
 職場であったり、運送会社の営業所、コンビニなどでも受け取り出来たりします。

 そして自宅でも、不在の時に指定した場所に置いて行ってもらう“置き配”なんかもありますね。
 玄関前、車庫、物置などに荷物を置いて行ってもらうサービスなので、人と対面しないことから、新型コロナウイルス感染症拡大防止としても注目されています。

 でも、玄関前に置いて行ってもらうのはちょっと不安…という方は、
 おうちに“宅配ボックス”を設置するのもいいですよ。

 これまで、“断熱リフォーム”なども紹介してきましたが、
 “住環境向上及び住宅・木材産業活性化緊急促進事業”のひとつとして、
 「新・生活様式」に対応したリフォーム工事の補助もあります。

 住宅内にウイルスを持ち込まない工事として、
 「宅配ボックスの設置工事」も補助対象になっているんですよ!
 ぜひ“宅配ボックス”なども利用して、宅配便は1回で受け取りましょう!!

新型コロナウイルス感染症対策関連住宅支援事業について(建築住宅課HP)

 その他、住宅内の感染拡大を防止する工事として、「全熱交換型換気扇等設置」も対象でした。

 この冬、換気は必須ですが、どうしても部屋が寒くなってしまう…
 でも換気をしながら熱交換して、暖かさを維持しながら換気ができる、
 “省エネ”のためには大切な換気方法ですね。

 新型コロナウイルス対策に、省エネ・地球温暖化対策、どちらも“自分ごと”として捉え、小さなことからコツコツと取り組んでいきましょう。

令和2年度 冬の省エネ県民運動(環境企画課HP)  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:13その他

2021年01月08日

無理のない省エネ情報!(家庭向け省エネ関連情報)

【環境科学研究センター】

 寒い冬は、エネルギーの使用が増える時期。
 まだまだ「冬の省エネ県民運動」実施中です!

 この冬は特に、感染症予防のためご自宅で過ごす時間も長くなっているのではないでしょうか?
 "断熱リフォーム”や"ウォームビズ”などもありましたが、少しの工夫でできる省エネも色々あります!



 リーフレット(家庭向け)(PDF:902KB)

 そんな“省エネの工夫”を紹介しているサイトでおすすめなのが、
 資源エネルギー庁の“省エネポータルサイト”です。

 例えば、キッチンでは、
・野菜の下ごしらえに、電子レンジを活用。
・熱いものはさましてから、冷蔵庫に。
・鍋の水滴をふき取ってから、コンロに。
・お湯を沸かす時は、水からでなく、給湯器のお湯を。
 などなど、家庭の中でできる、効果的な省エネ・節電の方法が紹介されています。

 もちろんキッチン以外に、暖房、照明、洗濯やお風呂などの省エネの方法も解りますよ。
 家庭向け省エネ関連情報 > 無理のない省エネ節約(省エネポータルサイト)

 やはり、“無理のない”というのがポイントですね。
 ちょっとした工夫でこんなに効果があるのが解ると、ますますやってみたくなるはず!
 ぜひご家庭で取り組んでみてください!(^^)
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 11:38その他

2021年01月07日

環境教室「門松づくり」を開催しました。

【環境科学研究センター】

 1月も7日となり、正月気分もそろそろ抜けてきたころだと思います。
 まだまだ寒波が続きますが、皆さんも、手洗い、消毒、換気、マスクなど、コロナ対策・風邪予防にご留意ください。

 さて、昨年の話になりますが、環境教室「門松づくり」を、12月19日(土曜日)に開催しました。最近はしめ飾りに比べて門松を飾る所もめっきり少なくなりましたが、
 年末の忙しい時期にかかわらず親子で17名の方にご参加いただきました。

 前半は竹についてのお話をしました。
 竹は木の仲間ではなく、草(イネ)の仲間であり、地下茎を張ることにより次々と繁殖すること、
 山形県ではもともと自生していたものではなく、食料(タケノコ)や資材(竹カゴなど)のため里山に植えられたものであり、最近はプラスチック製品の普及などにより手入れすることがなくなったため密生した状態で広がり、里山が荒廃したりイノシシなど野生動物の隠れ場所となること、
 きちんと管理するために2m程度の間隔をあけて間伐することが重要であること(竹にも「ソーシャルディスタンス」が必要ですね)などを説明しました。

 後半は間伐した竹を使った門松づくりをしました。
 大きいものと小さいものを親子で一緒に楽しく作りました。最後に作った門松と記念写真を撮り終了しました。

 年末ならではの環境教室となりました。
 このようなタイムリーな企画も行っていきたいと思います。

(参考まで)門松は1月7日まで飾り、そのあとは「お焚き上げ」で焼いてもらう(地域によっては「おさいと焼き」で)のが一般的ですが、そのような行事がない場合は、塩でお清めした後「燃えるゴミ」として出すとのことでした。(野焼きはダメです!)

   

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 13:06環境教室

2021年01月06日

どんぐり、紅葉しました。(^^)

【環境科学研究センター】

 先月のシャコバサボテンの時にも紹介した、センターの事務室の“どんぐり(コナラ)”の木ですが、
 “シャコバサボテン”満開です。(どんぐり大きくなりました!)12月18日

 年末になって、ようやく紅葉しました!きれいですね。(^^)


 そして今は、落葉し始めています。
 冬芽もちゃんとついているので、また今年も新緑が楽しめそうです!

 さて、“シャコバサボテン”の花もまだ咲いていますが、
 根元を写すと…、実はビーカーに挿して、増やしてありました。

 これも、リユースですね。(^^)
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:43その他

2021年01月05日

今年もよろしくお願いいたします。(環境情報棟開館しています!)

【環境科学研究センター】

 新年あけましておめでとうございます。

 この年末年始は大雪で、雪下ろしや除雪など大変だったのではないでしょうか?
 雪下ろしや除雪中の事故、自動車運転での事故などには十分お気をつけください。

 センターの環境情報棟もすごい雪でしたが、早速雪かきをして無事開館しました。



 環境情報棟では、リサイクル工作など環境学習のいろんな体験ができますよ。
 図書の貸出しもOK!
 新型コロナ対策もばっちり!皆さんぜひ、遊びに来てください。(^^)/

 ペレットストーブ(再生可能エネルギー)で暖かくしてお待ちしています。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

環境情報棟のご案内(YouTube)
環境教育教材(図書等)の貸出し・環境情報棟の利用

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 14:26その他

2021年01月04日

“ほっと、しよう。” 暖房に頼りすぎず、冬を快適に過ごすライフスタイル“ウォームビズ”

【環境科学研究センター】

 新年あけましておめでとうございます。
 寒い冬icon04は、エネルギーの使用が増える時期!
 まだまだ「冬の省エネ県民運動」実施中です!!
 令和2年度 冬の省エネ県民運動(環境企画課HP)

 さて、暖房に頼りすぎず、冬を快適に過ごすライフスタイル「ウォームビズ」。
 “ビズ”と言うように、ビジネスでの取り組みのように思われがちですが、
 ビジネスだけでなく、“お家house02”での暖かいライフスタイルも「ウォームビズ」です。



 あたたか飲みもので、ポカポカのひといき。
 鍋料理で、カラダの芯からポカポカでひといき。
 ゆったりお風呂タイムで、カラダの芯からあたたかく。
 機能性インナーで、あたたかく、暖房いらず。
 体を動かして、あったかく。   などなど。

 寒さの厳しい山形の冬。もちろん暖房は必要ですが、
 ちょっとの工夫で暖房に頼りすぎなくても、あたたかく快適に過ごせます。

 さあ、“ホット”なカラダとココロで寒さを乗り越えて、
 “ほっと”ひといきつきましょう。(^^)

 WARMBIZ「ウォームビズ」(COOL CHOICE HP)

※クールチョイス(地球にやさしい“賢い選択”)を実践する時も、
 3密の回避・手指の消毒・定期的な換気など、「新しい生活様式」を意識しましょう。
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:00その他