2019年10月31日

「令和元年やまがた環境展」に出展しました!

【環境科学研究センター】

 「やまがた環境展」にご来場のみなさま、ありがとうございました!!
 10月26日(土)、27日(日)の2日間、山形国際交流プラザ「山形ビッグウイング」は、様々な体験を通して、環境、エネルギー、リサイクルを考える「やまがた環境展」で大賑わいでした。

 環境科学研究センターは、「環境を考える」ゾーンに出展しました!!
 昨年も好評だった、“楽しく釣りをして外来生物を駆除しよう”のコーナーでは、沼や川などで見られる外来生物(の模型)釣りにたくさんの子供たちが挑戦しました。
 釣りで人気の“ブラックバス”や、お祭りの小さな人気者“ミドリガメ”、食用で輸入された“ウシガエル”も地域の環境に影響を与える外来生物です。kaeru
 そんな外来生物を、みんな釣り上げてもらいました。
 みなさんの力いっぱいの挑戦!ありがとうございました!!

 もう一つ、ダンボールリサイクル工作のエアカーリング体験も行いました。
 とてもなめらかに滑るので、ハウス(的)にエアカーリングを入れるのは、なかなか難しいです(^^)/

 他に、山形県の「大気環境」や「水環境」に関するパネル展示も行いました。

 「大気環境」では、大気の状況を24時間継続して測定していること、調査結果は県のホームページからリアルタイムで確認できることを紹介しました。

 「水環境」では、生活排水対策が進み、最上川やその支流の水質は、40年前と比べて全域で改善していることを紹介しました。


 やまがた環境展で展示した内容は、センターでいつでも体験できますよ。
 また、パネルも展示しています。
 平日の9時から17時まで、お待ちしています!
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 17:18その他

2019年10月29日

里山だより “ドクササコに注意!”

【環境科学研究センター】

 小松沢観音様への参道にも、キノコの姿が見えてきました。kinoko

 鑑定人K氏によると、「ナメコじゃありませーん。」

 そのうち、大きくなってきましたが、
 

 鑑定人O氏によると、“ドクササコです。臭いでも分かります。”
 ドクササコは、その名のとおり「 毒・キ・ノ・コ 」です!
 (センター情報棟“図書コーナー”のきのこ図鑑にも載っています。)
 そういえば、昨年も同じ場所にキノコが生えていました。


 厚生労働省の“自然毒のプロファイル”には、誤食した場合の症状として、
 「早い場合は食後6時間程度、遅い場合は1週間程経過してから、手足の先端が赤く腫れ、激痛を伴う症状が1ヶ月以上続く。」とあります。
 似ているキノコとしては、ナラタケ、ホテイシメジ、アカハツ、チチタケがあるとのことです。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/poison/index.html

 激痛が1ヶ月以上も続くとは大変恐ろしいキノコです。dokuro

 山形県衛生研究所では、【毒に注意 山菜とキノコ】のパンフレットで注意を呼びかけています。
 パンフレットには、「豊かな自然の恵みをいただくときは、有毒なものを見分ける知識を身につけ、明らかに食べられると確認できる食材のみを採取しましょう」とあります。
http://www.eiken.yamagata.yamagata.jp/oldhp/rikagaku/pdf/cautions_of_poison_2015.pdf

 山菜やキノコなどの自然の恵みが身近にある山形県では、有毒植物に注意が必要ですね。  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 15:56その他

2019年10月25日

「令和元年やまがた環境展」イベント紹介

【環境科学研究センター】

 10月26日(土)、27日(日)に山形国際交流プラザ「山形ビッグウイング」にて、「令和元年やまがた環境展」が開催されます。icon12

 前回は出展ブースを紹介しましたが、森田正光さんのトークショー、お笑いライブ、リュウソウジャーにナダレンジャー、やまがた高校生ロボットコンテストなど、ステージでも様々なイベントが行われます。
 その他にも、ポスターに載っていないステージイベントがありますので、少し紹介します。

10月26日(土)
10:15~
・省エネ川柳・標語・ポスターコンテスト&環境やまがた大賞表彰式・環境学習支援団体認定式
 夏の省エネ「川柳・標語」コンテスト及び省エネ「ポスター」コンテスト令和元年度 優秀作品の決定について
 「環境やまがた大賞」第20回「環境やまがた大賞」(知事賞)の決定について
 山形県環境学習支援団体認定制度環境学習支援団体の新規認定について
10:45~環境やまがた大賞受賞者・環境学習支援団体の事例発表会があります!

10月27日(日)
12:20~
・環境にやさしい料理レシピ表彰式
 環境にやさしい料理レシピコンテスト2019 in やまがた 結果発表
12:35~試食ふるまいがあります!(環境にやさしいリユース食器使用!)

14:10~
・ごみゼロ推進功労者表彰式
 ごみゼロ推進功労者表彰
14:30~
・環境優良事業所表彰式
 山形県地球温暖化対策推進事業所登録制度

 その他、以前ブログでも紹介した「ストップ温暖化『エコカップやまがた2019』」(26日(土)13:00~ 2階交流サロン)なども開催されます。

 また、両日とも終了30分前には、リサイクル自転車抽選会もありますので、ぜひ最後まで、やまがた環境展をお楽しみください!
 会場内のクイズに答えてすてきな商品をGET!「エコクイズラリー」もあるよ!


「令和元年やまがた環境展」ホームページ
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 11:19イベント開催のお知らせ

2019年10月24日

「令和元年やまがた環境展」出展ブース紹介

【環境科学研究センター】

 10月26日(土)、27日(日)に山形国際交流プラザ「山形ビッグウイング」にて、「令和元年やまがた環境展」が開催されます。

 前回センターの出展内容を紹介しましたが、その他の出展ブースに関するホームページを少し紹介しますので、参考にしてください。kao1

・山形県地球温暖化防止県民運動推進協議会
 令和も笑顔で!省エネ県民運動
 「家庭のアクション」参加者への抽選会実施!(粗品進呈)

・環境企画課
 山形県水資源保全条例について
 今回展示するジオラマ(水資源の実験模型)は、センターに常設展示しています!

・山形県環境学習支援団体・環境企画課
 山形県環境学習支援団体認定制度
 施設見学や講座等を通じて、環境学習を支援している企業やNPOなどの民間団体です。

・みどり自然課
 狩猟に関することやまがた山『やまがた緑環境税』を活用した事業
 盛りだくさんの内容です。木育についてはセンターでも取り組んでいますよ。
 センターの企画「外来生物」についても、詳しくは、みどり自然課のホームページをご覧ください。
外来生物に関すること

・水大気環境課
 里の名水・やまがた百選
 県内の名水で入れたお茶等の飲み比べ体験ができます。

・エネルギー政策推進課
 再生可能エネルギー等設備導入事業費補助金
 再生可能エネルギークイズに挑戦!(回答者には粗品が当たる抽選があります。)
 ブース内で上映しているDVD「わたしたちのくらしとエネルギー」は、センターで貸出しを行っているものです。
環境教育教材(図書等)の貸出し

・循環型社会推進課・置賜総合支庁環境課
 海岸漂着物対策イベントの紹介廃棄物適正処理・3Rの普及啓発ポスターコンクール審査結果
 リサイクル工作体験もあります。出前講座を志望の場合は、センターまで御連絡ください。
環境教室(職員出前講座)

・山形県リサイクル認定製品ブース
 山形県リサイクル製品認定制度
 リサイクル認定製品も、センターで常設展示しています!

・美しい山形・最上川フォーラム
 美しい山形・最上川フォーラムホームページ
 スポGOMIやまがた環境展大会も行います。

 まだまだ紹介しきれませんが、ぜひご来場ください!

 もちろん「ごみゼロくん」も来場します!お楽しみに(^^)  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:25イベント開催のお知らせ

2019年10月23日

「令和元年やまがた環境展」に出展します!

【環境科学研究センター】

 10月26日(土)、27日(日)に山形国際交流プラザ「山形ビッグウイング」にて、「令和元年やまがた環境展」が開催されます。
 今年は、~みんなで実践! 未来に向けて 令和のエコライフ~をテーマに、最新のエコを楽しく学べる様々な出展ブースやステージイベントなど、盛りだくさんの内容です。


http://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/050010/reiwagannenkankyoten/reiwagannenkankyoten.html

 もちろん環境科学研究センターでも、出展します!!
 内容は、昨年も好評だった、“楽しく釣りをして外来生物を駆除しよう”です。
 みんなで、沼や川などで多く見られる外来生物(の模型)を釣り上げて、地域の生物多様性について考えてみましょう。


 多くの皆さんのご参加をお待ちしています。(^^)/  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 10:41イベント開催のお知らせ

2019年10月21日

東北芸術工科大学で講義と実習をしてきました。

【環境科学研究センター】

 昨年に引き続き、東北芸術工科大学の授業「教育学研究(環境教育)」の一コマにおいて、「山形県の環境の状況と環境施策について」の講義をしてきました。
 この授業は、学校の先生を目指す学生たちが、「総合的な学習の時間」などの授業時間に「環境教育で取組む総合学習」を実施する場合の参考とするものです。

 初めに、山形県環境計画や山形県環境白書などの資料を使い、「山形県の環境の状況と環境施策について」の講義を行い、

 後半では、環境科学研究センターで行われている環境教室(出前講座)のメニューを紹介し、その中から、牛乳パックを使ったリサイクル工作の実習をしました。

 授業の振返りシートを見ると、”環境といっても多くの種類があることを知った”、”山形県の環境の具体的な取り組みを初めて知った”、”自分は何ができるのか考えるきっかけになった”、とか、リサイクル工作についても、”楽しい体験から深く考えさせるのが、記憶に結び付けやすく重要だと思った”、など書いてくれていて、とても感銘を受けました。
 今後は、総合的な学習の時間の学習指導案を作成し、模擬授業などを実施していくようですが、今回の講義や実習が少しでも役にたってくれたら幸いです。学生の皆さん、これからも頑張ってください!

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 08:44その他

2019年10月18日

“山形県地球温暖化防止活動推進員候補者研修会”が開催されました

【環境科学研究センター】

 地球温暖化防止活動推進員とは、どんな推進をする方でしょう。
・ 地球温暖化ってどんなこと?
・ 温暖化が進むと、身のまわりにどんな影響があるの?
・ 温暖化を防止するために、私たちは何ができるの?
 といった疑問について、正しい知識を広めるとともに、県民の皆さんが身近なところから温暖化防止に取り組めるよう、アドバイスや活動のお手伝いをする方です。
 山形県では、毎年推進員の募集を行い、候補者の養成研修会を開催しています。


 さて、今年度は6名の方が、全3日間の研修会に取り組んでおられ、
最終日の実務研修はセンターを会場に開催されました。
 研修では、センターの施設見学の後、
山形県地球温暖化防止活動推進センターの講師から、環境学習プログラムの講義や、

「地域で温暖化防止活動を進めるには」のテーマで、ワークショップを行ったり、

先輩の活動事例紹介の講義など、熱心に取り組んでおられました。


 候補者のみなさんは、研修を通して、実際の活動のイメージができたのではないでしょうか。
 大変お疲れ様でした。face02
 これからまだ手続きの期間はありますが・・・、
 ご活躍を期待しています!!!

 山形県地球温暖化防止活動推進員の詳細はこちらから・・・
https://www.pref.yamagata.jp/kurashi/kankyo/kyoiku/7050015esuishinin.html
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 13:27その他

2019年10月11日

10月は「食品ロス削減月間」です!

【環境科学研究センター】

 毎年10月は、「3R推進月間」ですが、今年から「食品ロス削減月間」にもなりました!
 “食品ロス”とは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことです。
 実は日本では、1人1日当たり、ごはん茶碗一杯分の食べ物を無駄にしているのです。
 なんてもったいない!!
 食べ物の「買いすぎ」「作りすぎ」「頼みすぎ」に注意して、おいしく残さずいただきましょう。

 詳しくは、ごみゼロやまがた推進BOOK(pdf)をご覧ください。

 また、食品ロス等の取組みを行っている飲食店等を「もったいない山形協力店(リンク)」として県のホームページで紹介しています。
 ぜひ、ご利用ください!!
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 15:21その他

2019年10月11日

「再生可能エネルギーセミナー in 山形」開催のお知らせ

【環境企画課】

山形県内企業の再生可能エネルギー関連産業への参入促進を目的とするセミナーが、次のとおり開催されます。
<日時> 令和11月15日(金)13時30分~17時25分
<場所> 山形テルサ「アプローズ」(山形市双葉町1-2-3)
セミナーでは、山形県内における再生可能エネルギー関連事業の取り組み事例が紹介されます。
参加申込期限は令和元年11月12日(火)までです。是非、御参加ください。


詳しくはこちら→
http://www.yrit.pref.yamagata.jp/topics/R1monodukurisouzou_2.html
《問い合わせ先》
山形県工業技術センター企画調整部連携支援室 TEL:023-644-3222
メール:yrit@yrit.pref.yamagata.jp

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 08:46イベント【再エネ】

2019年10月10日

村山市立大久保小学校が遠足で来館しました。

【環境科学研究センター】

 天候にも恵まれ過ごしやすい秋晴れの日に、村山市立大久保小学校の全校児童が来館しました。
 この日は全校遠足でした。
 たてわり班で、村山市役所をスタートして、各班市内2か所を見学します。
 そして全班が環境科学研究センターを見学し、ゴールが東沢公園です。rose

 今回は、環境問題についてリサイクル工作で学ぶことができればと、この5つを準備しました。
 ~牛乳パックリサイクル工作~
 ①ブーメラン、②紙とんぼ、③ストロー飛行機
 ~段ボールリサイクル工作~
 ④エアカーリング、⑤空気砲

 子ども達は歩いてくるので、時間がわからず…
 今か今かと待ち遠しく待っていると、続々と大久保小学校の子ども達が来てくれました。

 結構な距離を歩いてきたにもかかわらず子ども達は元気いっぱいです。
 
 低学年の子は高学年の子に手伝ってもらい、目をキラキラさせて工作していました。
 
 牛乳パックで作った工作は、東沢公園で遊ぶと張り切っていました。
 子ども達は、身近なものでも、工夫しだいで楽しく遊べるおもちゃになったことに驚いていました。
 また、遊んだ後、分別すれば、リサイクルできることもしっかり学びましたよ。  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 17:23環境教室

2019年10月09日

地球温暖化の「いま」と「これから」を考えてみませんか?

【環境企画課】

11月19日(火)に山形市民会館で「山形気候講演会」を開催します。
近年、日本でも猛暑や集中豪雨などの異常気象が頻発し、地球温暖化の影響が指摘されており、私たちの生活への影響がますます大きくなることが懸念されます。
地球温暖化の「いま」と「これから」について知識を深め、地球温暖化への対策を考えてみませんか?
入場は無料です。また、事前予約は不要です。是非ご参加ください!

詳しくはこちら→
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/050015/syou-energy/climatic.html

お問合せ先:山形地方気象台(電話 023-624-1946)
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 16:16イベント【環境全般】

2019年10月08日

里山だより “山の実りを集めています”

【環境科学研究センター】

 「ぼとっ!」
 驚いて振り向くと、オニグルミの実が落ちていました。

 10月に入り、山の実りのおすそ分けをいただきに小松沢観音様への参道に通っています。

 集めてきた実をきれいにして、虫が出ないように“低温殺虫!?”

 森林の恵みは、“フォトプレート”や“リース”作りの材料になります。
 環境科学研究センターは、秋も冬も楽しい体験がいっぱいです。
 平日の9時から17時に、お待ちしています。
   
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 17:29その他

2019年10月07日

「酸性雨調査」の参加者募集中です!!

【環境科学研究センター】

  “酸性雨”という言葉を聞いたことがありますか。
 酸性雨とは、工場や自動車の排気ガスに含まれる二酸化硫黄や窒素酸化物などを起源とする酸性物質が、雨・雪・霧に溶け込み、通常より強い酸性を示すものです。
 酸性、アルカリ性の強さを示すのもとして、pH(ピーエイチ)が用いられますが、pHが5.6より低い雨が酸性雨の目安となります。
 山形県に降る雨の酸性度はどのくらいなのでしょう。
 「やまがた酸性雨ネットワーク」では、県民の皆さんの協力を得て、山形県内全域を対象とした「酸性雨調査」を継続して行っていて、今年度も参加者を募集しています。

 調査期間:11月
 調査方法:雨を集めて、簡易試験(パックテスト)でpHを測定します
        (パックテストは送付します)
 募集期間:10月21日(月)必着

* 学校の部活や、個人でも参加できます。
* 詳しくは、担当までお問い合わせください。
   山形県環境科学研究センター 大気環境部  担当:松林
   〒995-0024 村山市楯岡笛田三丁目2-1
   TEL:0237-52-3127 FAX:0237-52-3135
   Email:matsubayashis@pref.yamagata.jp

 そして、昨年度の調査結果は図のとおりです。
 皆さんの参加申込みをお待ちしています!!

http://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/053001/joho/sanseiunet.html
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 15:56募集のお知らせ

2019年10月04日

「秋のエコ通勤・エコドライブ推進県民運動」実施中!

【環境企画課】

「ふんわりアクセル 未来のために みんなで実践!」をスローガンに、エコ通勤、エコドライブの取組みを推進しています。
徒歩、自転車、公共交通機関による「エコ通勤」や、ふんわりアクセル、アイドリングストップなどを行う「エコドライブ」を心がけましょう!
宅配便は、受け取る時間帯や場所を指定できるサービスを利用し、できるだけ1回で受け取り、再配達を減らしましょう。



もっと詳しく知りたい方はこちら!→
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/050015/syou-energy/kenminundou/ecodrive_autumn.html
(令和元年度「秋のエコ通勤・エコドライブ推進県民運動」ホームページ)
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:33イベント【省エネ】

2019年10月02日

環境フェアつるおか2019に出展しました!

【環境科学研究センター】

 9月29日(日)に鶴岡市小真木原総合体育館で『環境フェアつるおか2019 豊かな海をいつまでも~とめよう温暖化、なくそうプラごみ~』(主催:環境つるおか推進協議会)が開催されました。

 昨年に引き続き、環境科学研究センターは、「リサイクル工作」の出展を行いました。
 今回のリサイクル工作は、牛乳パックを用いた、ブーメラン、紙トンボ、ストロー飛行機の3つです。
 多くの親子に参加していただき、「牛乳パックから、リサイクルでいろいろなものが作れて、すごい!」と、楽しく工作しながら、環境問題を身近に考える機会としていただきました。
 また、段ボールのリサイクル工作「エアカーリング」の体験では、簡単な構造でスィーッと滑るエアカーリングに、大人も大興奮で滑らせていました。

 センター以外にも、地球温暖化や海洋プラスチックごみに関連した多くの企画・出展があり、とても素晴らしいイベントだったと思います。

 さて、10月26日(土)、27日(日)には、山形国際交流プラザ「山形ビッグウイング」にて開催される、「やまがた環境展」にも出展します!
 今度も楽しい企画を準備していますので、皆さんぜひご参加ください!

 
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 13:40その他

2019年10月01日

センター業務検討会を行いました。

【環境科学研究センター】

 環境科学研究センターには、環境企画部、大気環境部、水環境部、環境化学部、の4部がありますが、各部の業務課題及び研究等について発表形式でプレゼンし、職員で情報共有・意見交換を行う業務検討会を開催しました。

 各部とも、様々な業務や研究をやっていますので、普段は他の部がどのようなことをやっているかなど、詳しく解らない部分もあります。
 そこで、各部で情報共有し、業務の課題となっている事や、今後の研究計画について、他の部の職員の意見も聞いて課題を改善するとともに、職員のスキルアップにつなげているのです。

 これまで様々な業務や研究をしてきたセンター職員ですので、みんなで意見を出し合うことで、各部の課題の改善につながったと思います。
 県民の皆さんの安全・安心のため、これからも、情報共有・意見交換を行い、山形県の環境保全に係る調査・研究に取り組んでいきたいと思います!


※今回写真を撮り忘れたので、別の時の写真を参考に載せましたicon10
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 12:13その他