2014年07月10日

「ライトダウンする夜は、みんなが地球を思う夜」

7月7日は「七夕」!!
あいにくの雨空で、天の川は見られませんでした。icon03(-"-;)
が!! 7月7日は「クールアース・デー」にもなってマス。
しっかり「クール」でよかったのカナ?

※クールアース・デー→2008年の洞爺湖サミットが日本で7月7日の七夕の日に開催されたことを契機に、毎年7月7日がクールアース・デーとなりました。

クールアース・デーは、
「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」
の特別実施日となっておりまして、

県としても「ライトダウン」を実施しました。

午後7時までに、危機管理業務等を除く職員が退庁しました。
う~ん!暗い。

各地域の総合支庁でも行われました。
庄内総合支庁の様子↓

こちらも、暗い。

ナゼ?暗くするのか?
「ライトダウンキャンペーン」は
身近な明かりを消して、地球温暖化について考える。
考えようkao1地球の未来のこと。自分たちの将来のこと。
明かりの消えた夜にみんなで思いを馳せる。。。。
というものなのデス。


また、6月21日(土:夏至)から7月7日(月:七夕)までの間、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」が行われています。
そんな期間のなか、
山形市において
「キャンドルスケープinやまがた」
が7月5日に山形市内各地で行われました。

そのうちの山形市役所の様子を紹介



七夕の短冊を作るコーナー



山形大学のサークルによるコンサート



音楽に聴き惚れてるうちに、あたりは暗くなっていきましたicon12



身近な明かりのこと。電気のこと。CO2のこと。
考える良い機会になったのではmoon

地球のこと。未来のこと。自分たちのくらしのこと。
「地球を想う」ことを大切に!!heart


  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:38イベント【省エネ】

2014年06月10日

ジョンダナホール(県庁ロビー)って知ってる?

暑い!暑い!といっていたら、梅雨入りしました。
日中は、湿度を感じますね。

ジョンダナホールって知ってますか o(^_^)o
県庁のロビーの展示スペースのことですよ~。

現在、「夏の省エネ県民運動、環境教育等関連展示」
を行っています。



◎夏の省エネ県民運動
◎夏の省エネ県民運動
6月~9月のエアコン等の使用により電力需要が
高まる期間に、省エネを呼びかけています。


節電への取組み例は、参考になるusagi

◎環境教育

平成25年度環境やまがた大賞とサステナブル・ライフスタイル絵巻を展示中


本県にあった低炭素でサステナブルな(持続可能な)ライフスタイルを紹介
時間を忘れて、見入ってしまうかもmezamashi

◎県の取組み

山形県もエネルギー消費者として、省エネにがんばってマス(^_^)

◎電気自動車の急速充電器の設置状況

道の駅での電気自動車の急速充電器設置率全国1位と話題のポスターです
先日も某道の駅icon17で見かけました。

情報いろいろ!
ジョンダナホールに見に来てね足跡(6月13日まで)  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 10:46イベント【省エネ】

2014年06月05日

山形県地球温暖化防止県民運動推進大会

みなさん、こんにちは!

6月に入ったばかりというのに、毎日暑い日が続きますね。
体調など崩されていませんか?

さてさて、大変長らくお待たせしました゚。(;>人<`)ゴメーン
今年度も環境に関する話題をどしどし発信していきますので、
よろしくお願いします!!


今回は6月3日に山形国際ホテルで開催された
「山形県地球温暖化防止県民運動推進大会」
のレポートです。



山形県では、県、市町村、経済団体、消費者団体等で
構成される「県地球温暖化防止県民運動推進協議会」を設置し、
地球温暖化防止のため、年間を通じて
face02「笑顔で省エネ県民運動」face02
を展開しています。


今回の推進大会では、出席者約160人が見守る中、
夏場の省エネ・節電に向けて
「夏の省エネ県民運動」icon19
の推進が宣言されました。




その後、先駆的で優れた環境保全活動等に
取り組む県内の企業が表彰されました。



rose山形県知事賞
  icon12株式会社シェルター
   (木造技術革新による県産木材利用・森林整備促進)

rose環境保全推進賞
  icon12株式会社クリーンシステム
   (太陽光発電設備を活用した地球貢献活動)

  icon12テクノモリオカ株式会社
   (無線監視センサーネットワークシステムによる、
     環境・エネルギーの見える化ソリューションの開発)

rose選考委員特別賞
  icon12ミクロン精密株式会社
   (エコ活動で、こどもの未来、みんなの未来を守ろう)


最後に、「地球温暖化対策を通じた地域における戦略的
アプローチ」について、環境省地球環境局地球温暖化対策課の
香具課長補佐さんより講演がありました。




省エネ・節電は、身近な取り組みから始められるんです。

例えば、冷蔵庫の設定温度を「強」から「中」に変更するだけで、
1日あたり、なんと1.8%も節電!!
皆さん、ご存知でした??

今後も、省エネ・節電のための様々なキャンペーンを
展開していきますので、よろしくお願いします。

皆様のご家庭、職場でも、
省エネ・節電に取り組んでみませんか?
(←光熱水費が減ると、くせになるかもicon06
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:52イベント【省エネ】

2014年03月05日

廃食油をリサイクルしたキャンドルづくり&キャンドルナイト★

しばらく更新停滞していたつなかんブログ・・・

「キボウもネタ切れかい」と(!?)
おなじみ、山形県地球温暖化防止活動推進員のSさんが、
体験記を寄せてくださいましたのでご紹介します!


★★★・*:..。o○☆*゚¨゚゚


皆さんこんにちは “S”です。

2月23日、三川町公民館で小学生を対象に
「お家できるエコリサイクル」をテーマに
廃食油でのキャンドルつくりの講師を行ってきました。

スポ少と重なったこともあり
参加者は小学生8名と少なかったですが
楽しくできました。




今回も山大農学部の学生にスタッフ応援をお願いし、
ただキャンドルをつくるだけでなく

東日本大震災での被災地へ寄り添い、
記憶に留めて欲しいとの想いで取り組んでいる
キャンドルナイトの活動の
話しもしていただいています。



キチンと耳を傾け、受け止めてくれたようです。




班で色を何色かつくり色を組み合わせ
自分色のキャンドルをそれぞれ工夫を凝らし
つくっていました。

女子はお互いにこの色が良いなど
と話しながらつくる方に専念していましたが




男子はキャンドルが固まる過程、
サイエンスの方に興味があったようです。




県及び三川町のスタッフの皆さん、山大農学部の学生と
みんなが和気あいあいと楽しい時間を共有できたものと
思います。

キャンドルハットも最初は恥ずかしがっていましたが・・・・
途中からは楽しく被ってもらっていたように思います。



キャンドルつくりは小さなことかも知れませんが
小さなことでも、もしかしたら自分が気づく、
周りの人に影響を与えることができるかもしれません。
そう思える楽しいひと時でした。


主催者から感想もいただきましたので、紹介します。

“子ども達もとても楽しんで、山大生とも打ち解けて、
良い時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございます。
活動後迎えの保護者に、
仕上げたキャンドルを自慢する様子も見られ、
大満足のようでした。”

最後になりましたが、
酒田市、鶴岡市で3月11日、
キャンドルナイトが開催されます。



人工の光から離れ自然の光に触れゆっくり流れる時間に浸り
悠久のときに想いを馳せるのも良いのでは・・・・。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚★★★

Sさん、ありがとうございます!

山形市内でも、3月11日(火)に
文翔館前の広場にて

東日本大震災追悼・復興祈念事業
~キャンドルナイト「追悼・復興への祈り」~

が実施されますので、お近くの方はぜひ、
おいでください。

環境企画課 キボウ
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 10:26イベント【省エネ】

2013年07月10日

☆7月24日(水)開催☆再生可能エネルギーを考える勉強会☆

皆さん、こんにちは!ヾ(・∀・)ノ
つなかんやまがた通信ブログご覧頂きありがとうございます!

本日は・・・
「平成25 年度 庄内地域で市民が取り組む再生可能エネルギーを考える勉強会
第2 回 」のご紹介です!



テーマ 「庄内地域の太陽光発電の可能性を実践者に聞く」
- わたしたちは、こうして太陽光発電をはじめました-

平成25年7月24日(水)に開催されるこの研究会では、
農業futabaと水道設備業icon11をされているお二人が取組んでいる
太陽光発電icon01の実践事例について御紹介いただくなど、
市民が参画できる太陽光発電事業について学べますenpitu2icon12

対象者は、どなたでも!
参加費も無料ですので気軽にご参加いただけますmushiicon12


◎ ◎ 詳細 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 

「平成25 年度 庄内地域で市民が取り組む再生可能エネルギーを考える勉強会
第2 回 」

テーマ 「庄内地域の太陽光発電の可能性を実践者に聞く」
- わたしたちは、こうして太陽光発電をはじめました-

日時
平成25年7月24日(水)午後3時から5時

会 場
山形県庄内総合支庁
〒997-1392 山形県東田川郡三川町大字横山字袖東19-1

参加費 無料

参加対象
どなたでも(先着50名)

事例紹介者
農事組合法人平良農園代表 佐藤良平氏(酒田市)

株式会社板垣水道代表 板垣一紀氏(鶴岡市)

参加申込み方法
FAX もしくはメールの件名に「庄内市民勉強会」と記入して、
申込者様のお名前・所属先を明記して、7月22日(月)までに
以下の申込み連絡先までお送りください。
※当日の参加申込みも可能。

お問い合わせ・申込み連絡先
TEL 023‐679‐3340 FAX 023‐679‐3389
受付担当:NPO 法人環境ネットやまがた(山田)

主催: 山形県庄内総合支庁 環境課 NPO 法人環境ネットやまがた
協力:エネルギーシフト山形勉強会(エネシフヤマガタ)

詳しくは、コチラのページ(県HP)をご覧くださいpc

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 

第1回に私も参加しましたが、

なかなか熱い勉強会でしたよ!!(`・ω・´)icon12


環境企画課 キボウ

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:49イベント【省エネ】

2013年03月01日

『ホントのエコハウスとは?』【勉強会のお知らせ】

みなさん、こんにちは!



外はまだまだ雪景色ですが、もうすぐ新年度、春がやってきますね。
花粉には少しおびえていますが・・・icon10
春といえばお花見も楽しみですし、やっぱりうきうきする季節ですrose


さて、本日は勉強会についてのお知らせです!




話題の研究者である講師をお招きし、本当の「エコハウス」とは?など、
興味深いお話しを伺います。
また、置賜らしいエコハウスとはどういうものかを探っていきますhouse02

futaba以下、詳細になりますfutaba

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1 演題 「ホントのエコハウスとは?」~置賜地域編~(仮題)


2 講師
  東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前 真之 氏
 
   住宅のエネルギーについて暖房や給湯を中心に研究、
   昨年「エコハウスのウソ」を執筆。


3 日時 平成25年3月19日(火)
     13時30分から15時30分まで(終了時間は予定)


4 会場  置賜総合支庁2階 講堂(米沢市金池7-1-50)


5 申し込み方法等
  参加対象は、建築業、設計業、建設関連団体、バイオマス関連事業者、
行政機関等ほか、一般の方でも無料で参加可能です。(管内の方優先)

 参加者募集ちらし(474kb)の参加申込書に必要事項を記載のうえ、
郵送・FAXもしくは下記のEメールによりお申込みください。 

募集締め切り 3月13日(水曜日)
参加予定人数 80人程度 (先着順)

担当:山形県置賜総合支庁保健福祉環境部 環境課 環境企画担当
TEL:0238-26-6035
FAX:0238-26-6037
E-mail:h79Q66aH☆pref.yamagata.jp(☆を@に変えてください。)  
主催:置賜地域低炭素社会形成推進協議会(山形県置賜総合支庁)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こちら(山形県ホームページ)でも詳細をご案内しています。
特に置賜の方、ぜひご参加くださいface02
                      

                                    環境企画課 キボウ

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:55イベント【省エネ】

2013年02月08日

冬の省エネ県民運動PR INやまぎんコミュニティープラザ

本日は、省エネルギー推進担当のTYOさんからのPR展示についてのお知らせです!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

現在実施中の「冬の省エネ節電県民運動」のPR展示を
山形市にある山交ビル1階「やまぎんコミュニティープラザ」で開催中です!




気になる(?)展示内容は・・・enpitu2





まずは、冬の省エネ節電県民運動の紹介コーナー。
運動の概要や冬の省エネのポイントなんかも紹介してます。

インフルエンザも流行っています。省エネも体調管理に気を付けて
無理のない範囲で協力お願いします!


奥に進むと・・・




夏の山形方式省エネ節電県民運動で募集した「省エネ節電川柳・標語」の
優秀作品を紹介しています。

小中学生の部、一般の部、それぞれ楽しい作品ばかりですicon12


同じく・・・





夏に募集した、「省エネ節電ポスター」の優秀作品も展示!
こちらも、力作揃い!




こちらは、中学生の部、優秀作品の数々。
う~ん、みなさん上手です。


その他、省エネ、環境関係のチラシやパンフレットも設置していますので、
手にとってご覧いただければと思います。いずれもTAKE FREEですicon01


展示期間は、2月13日(水)までです。ご自由にご覧になれます♪
山交ビルでのお買い物の際に、電車やバスの待ち時間に
ぜひお立ち寄りください。



futaba開催場所futaba
やまぎんコミュニティプラザ
山形市香澄町3-2-1 山交ビル1F 



                                   環境企画課 TYO

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


このブログでも紹介しました、
山形県環境学習支援団体活用ハンドブック
山形版サステナブル・ライフスタイル絵巻
コンパクト版パンフレットもお持ち帰り可能です!




TYOさん、ありがとうございましたface02
キボウも先日、覗いてきました!



                             環境企画課   キボウ

  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:33イベント【省エネ】

2012年11月21日

また庄内の方ご注目!鶴岡市開催☆お母さん版エネルギー基本計画

こんにちは。すっかり寒くなりましたね。本日は、講演会のご案内です!



12月2日(日)10時から山形県鶴岡市で、「暮しからみんなで次のエネルギーを考える。〜お母さん版エネルギー基本計画を見ながら〜」という講演会が開催されます!

お母さん版のエネルギー計画ってどういうものなんでしょうか?
「生活者の視点で、エネルギーについて考える」というのは、気になりますね~face01

この講演会では、横浜市の「あざみ野ぶんぶんプロジェクト」が、お母さん=生活者の視点で作った「お母さん版エネルギー基本計画」をみながら、その活動内容を聞くことができます!!

講師は「あざみ野ぶんぶんプロジェクト」の北原まどかさんと吉村友希さん。
北原さんは山形市出身のフリーライターさんicon12なんです。

この講演会に参加して、これからのエネルギーについて一緒に考えてみませんか?


futaba詳細は下記をご覧くださいfutaba

1 演題 
  「暮しからみんなで次のエネルギーを考える。
        〜お母さん版エネルギー基本計画を見ながら〜」
2 講師
  あざみ野ぶんぶんプロジェクト発起人 北原まどか 氏(横浜市在住)
  あざみ野ぶんぶんプロジェクト代表  吉村友希 氏(横浜市在住)
  ※「あざみ野ぶんぶん」は「足もとからエネルギーシフト」を合言葉に、
   毎月1回程度、横浜市のあざみ野を中心にエネルギーの勉強会等を
   開催しているグループです。
3 日時 
  12月2日(日)10:00-12:30
4 会場
  鶴岡市第三学区コミュニティセンター 大ホール(鶴岡市泉町5-30)
5 申込み方法等
  参加は無料ですが、11月27日まで下記まで電話、FAX、Eメールのいずれかで、
  お名前、市町村名をご連絡ください。
  (定員100名。先着順。お子様同伴可能。ただし託児はありません。)
  山形県庄内総合支庁環境課 環境企画・自然環境担当
  電話 0235-66-4744 FAX 0235-66-4749
  Eメール yshonaikankyo☆pref.yamagata.jp(☆を@に変えてください。)

主催:山形県庄内総合支庁
共催:エネルギーシフト山形勉強会
後援:山形県男女共同参画センター

☆あざみ野ぶんぶんプロジェクトのホームページはこちら☆



環境企画課 キボウ
  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 15:53イベント【省エネ】