2020年05月31日

里山だより “ウスバシロチョウとムラサキケマン”

【環境科学研究センター】

 小松沢観音様の参道に、ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)の姿が見られるようになりました。ウスバの名の通り透けるような翅をしていますが、これは鱗粉が少ないからなのだそうです。
里山だより “ウスバシロチョウとムラサキケマン”

 ハルジオンの花で蜜を吸っています。
里山だより “ウスバシロチョウとムラサキケマン”

 こちらは羽化してまだ時間が経っていないらしく、翅が伸びきっていないようです。
里山だより “ウスバシロチョウとムラサキケマン”

 ところで、ウスバシロチョウの食草は、ムラサキケマンやエンゴサクです。 
 ムラサキケマンは参道でよく見かける花ですが、春の初めに花を咲かせ、今はすでに種を付けています。スプリングエフェメラルと呼ばれる植物の一つです。
里山だより “ウスバシロチョウとムラサキケマン” 里山だより “ウスバシロチョウとムラサキケマン”

 チョウと食草と言えば、ヒメギフチョウとトウゴクサイシンがあります。
 トウゴクサイシンも参道でよく見るのですが、
里山だより “ウスバシロチョウとムラサキケマン” 里山だより “ウスバシロチョウとムラサキケマン”

 ヒメギフチョウは一度出会っただけです。
 もう一度、その可憐な姿を拝みたいものです。
里山だより “ウスバシロチョウとムラサキケマン”


同じカテゴリー(里山だより)の記事画像
初赤トンボ!
“山の実り調査・・・キイチゴ類”
里山だより “倒木”
里山だより “ウラジロヨウラク”
里山だより≪おいしい里山≫
里山だより≪里山を楽しむために≫
同じカテゴリー(里山だより)の記事
 初赤トンボ! (2021-07-08 09:32)
 “山の実り調査・・・キイチゴ類” (2020-07-07 11:56)
 里山だより “倒木” (2020-06-02 10:21)
 里山だより “ウラジロヨウラク” (2020-06-01 11:01)
 里山だより≪おいしい里山≫ (2020-05-14 09:36)
 里山だより≪里山を楽しむために≫ (2020-05-13 09:37)


Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 13:57 │里山だより