2020年03月26日

里山だより “冬の動物の足跡たち”

【環境科学研究センター】

 凍てつく朝でも、土筆がしっかり顔を出しています。
里山だより “冬の動物の足跡たち”
 日本列島の南から、桜前線の便りが届いていますが、センター近くの公園では四季桜が冬中咲いていました。暖かくなって、一層きれいです。
里山だより “冬の動物の足跡たち”

 小松沢観音様への参道でも、ショウジョウバカマやキブシが咲き始めましたが、季節を溯り、雪の上に残された動物たちの足跡をご紹介したいと思います(やっと)。
里山だより “冬の動物の足跡たち” 里山だより “冬の動物の足跡たち”

 初めに、ニホンリスです。なかなか、はっきりとした足跡には出会えませんでした。
里山だより “冬の動物の足跡たち”
 実は、ニホンリスを見たのは、昨年が初めてです。下の写真のどこに写っているか分かりますか?
里山だより “冬の動物の足跡たち”

 次は、シッポの跡が見えるので、ネズミだと思います。
里山だより “冬の動物の足跡たち” 里山だより “冬の動物の足跡たち”

 これは、カモシカの足跡です。
里山だより “冬の動物の足跡たち” 里山だより “冬の動物の足跡たち”
 崖のような急な斜面を駆け下りています。
 下の沢まで、水を飲みに通っているのでしょうか。
 夏にも“けもの道”が見られたのですが、ようやくカモシカと分かって、スッキリしました。

 次は、イノシシです。雪踏みの跡のようです。
里山だより “冬の動物の足跡たち” 里山だより “冬の動物の足跡たち”

 最後に、ノウサギです。雪の野原で楽しそうに飛び回っています。
 残念ながら、まだ出会ったことはありません。
里山だより “冬の動物の足跡たち”



同じカテゴリー(その他)の記事画像
令和元年度「水生生物調査」の結果がまとまりました!
里山だより “スプリング・エフェメラル”
「山形県職員採用案内2020」 ~山形県の環境を守るのは“化学職”です~
蛍光灯の安定器をご確認ください。PCBが含まれているかも!
環研センターNEWSから ~災害への備え~
“環研センターNEWS:クマの食べ物の話”と“クマ棚”
同じカテゴリー(その他)の記事
 令和元年度「水生生物調査」の結果がまとまりました! (2020-03-27 11:51)
 里山だより “スプリング・エフェメラル” (2020-03-23 15:22)
 「山形県職員採用案内2020」 ~山形県の環境を守るのは“化学職”です~ (2020-03-19 14:13)
 蛍光灯の安定器をご確認ください。PCBが含まれているかも! (2020-03-17 09:15)
 環研センターNEWSから ~災害への備え~ (2020-03-11 14:18)
 “環研センターNEWS:クマの食べ物の話”と“クマ棚” (2020-03-03 15:52)


Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 11:02 │その他