2020年12月15日

環境計量証明部会研修会に参加しました

【環境科学研究センター】

 先日ホテルキャッスル(山形市)にて行われた、山形県計量協会"環境計量証明部会研修会"に、当センターから、大気環境部O専門研究員と水環境部A研究員が参加してきました。

 研修会では、環境計量証明部会で行ったクロスチェック(大気:窒素酸化物、水質:COD)の結果報告と騒音・振動分科会の"騒音予測研修"の結果報告が行われました。

 そしてセンターのO専門研究員からは、大気クロスチェックで行われた"排ガス中の窒素酸化物測定"の採取時や前処理等におけるポイントや、今後重要になってくる"排ガス中の水銀濃度測定"に関する留意点について、
 A研究員からは、水質クロスチェックで行われた"COD測定"の留意点や"六価クロム測定"における妨害成分の除去事例の紹介などをさせていただきました。

 積極的な質疑応答も行われ、参加した皆さんにとって大変有意義な研修になったと思います。

 やはり環境問題にとっては、大気や水質等の状況を正確にスピーディーに計測することは必要不可欠!
 そんな環境測定に常日頃取組んでいただいている"環境計量証明部会"の皆様と共に、山形県の環境を守るため、当センターも研鑽していきたいと思います!


  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 10:02その他