2020年12月14日

“あさがお”“さつまいも”のつるを使ったリースづくり

【環境科学研究センター】

 12月8日(火)長瀞小学校1年生の授業にお邪魔して、環境教室“リース作り”を行ってきました。
 リースの土台は既にみんなで作っていて、今回は飾りつけのお手伝いです。
 リースは朝顔とさつまいものつるを使ったそうです。
 みんなで植えた朝顔がこのようなかたちで残るのは素敵ですね(^▽^)/

 飾りつけの木の実も、自分たちでたくさん拾って集めてきてくれていました。
 みんなで集めたので木の実の名前もバッチリ。
 ヒマラヤ杉の松ぼっくりは開くとバラのように見えることから“シダーローズ”と呼ばれます。
 この“シダーローズ”をたくさん拾ってきて、木の実博士のように教えてくれた女の子もいました。
 ヒマラヤ杉の花言葉は「たくましさ」「あなたのために生きる」です。
 このコロナ禍ですが、子どもたちには強く「たくましく」成長してほしいなと思います。

   
環境教室(職員出前講座)  

Posted by 山形県環境エネルギー部 環境企画課・環境科学研究センター at 09:25環境教室