2014年03月31日

山形県の環境白書(´∀`)

平成25年度、最後の更新は、
山形県の環境白書の概要版のご紹介です。

今回、これまでの概要版を
リニューアルしています。



おススメ(!?)は最後のページの
理解度チェック




皆様、わかりますか?

この概要版は、

県のホームページの
「山形県の環境白書・環境白書の概要版」
のページ
でダウンロードできるほか、

印刷したカラー冊子もございます。

イベントや環境学習で活用、配付したい!
という方には、無償で提供しています。

県のホームページの「お問合せ先」から
申し込みください。

部数に限りがございますので、
事前に担当課に在庫をご確認くださいね。


環境白書、といえば、

環境省では、毎年、
「こども環境白書」を発行
しています。

この全国版の環境白書にicon12

このブログでも紹介させていただいたf01

鶴岡市こども環境かるたface02

写真付きで掲載されておりますicon14




ちなみに、鶴岡つるおか推進協議会さんでは、
今年の2月も、この環境かるたの大会を
開催されたそうです。

昨年、体験レポートしました、
環境フェアつるおかでも、
環境かるたの大会は、大人気でした。

かるたを作って終わりではなくて、
継続して活用されているのが、いいですね。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚


さて、私こと、「キボウ」は、
このたびの人事異動で環境企画課を
離れることとなり、
私のブログの更新は、これが最後に
なります。

1年半、
ブログ記事を見てくださった皆様、
ネタを提供くださった皆様に、
深く感謝申し上げます。



環境企画課 キボウ

  

Posted by 山形県 環境エネルギー部環境企画課 at 21:48学習グッズなどの紹介

2014年03月24日

(`・ω・´)行ってキマシタ☆環境地域づくり担い手連携推進セミナー

本日は、3月15日(土)に
山形県環境科学研究センターで
開催されたセミナーの様子のご紹介です(`・ω・´)。

環境地域づくり担い手連携推進セミナーは、
環境教育を通した地域づくり活動に
取り組む皆様の交流、情報交換の場として
開催しています。

まずは、会場に隣接する県営メガソーラーの
見学です。




一般的に「雪国では太陽光発電は難しいのでは?」
と言われています。

ここでは、雪国である山形ではどんな太陽光パネルの
設置方法が有効なのか実証実験をしています。

異なる3種類の太陽光発電パネルを
設置しています。
パネルの色が違うのがわかりますか?





パネルを乗せる架台もコンクリート製、
鉄製など4種類あります。





パネルの下に入れるのも
おもしろいですね。

県企業局のYSさんの山形人らしい(!?)
親しみやすい説明に、参加者からも
いろいろスルドイ質問が!

現在の発電状況も表示板で
確認できます。



県営太陽光発電所については、
発電状況など県ホームページでも
公開していますので、ぜひ、ご覧ください☆


次は、山形県立東根工業高等学校の庄司先生から
手作り太陽電池パネルによる地域貢献、
国際貢献について講演していただきましたenpitu2



同校の取組みは、各賞を受賞し、
テレビicon13でも何度でも取り上げられています。

このブログを訪問くださる環境に関心の高い方なら
ご存知かもしれませんね。

生徒たちが、自分達の身に付けた太陽電池パネルを
手作りする技術で人の為に何かしたい、と考え、
地域はもちろん、モンゴル、ネパール…と世界に
飛び出して活動しているのです。




特に印象的だったのが
「活動を積極的に情報発信するようにしている。
それを見てくれた方が、
一緒にこんなことをしないかと
声がけしてくれて、活動が発展、継続できる。」
と言うお話でした。

このつなぐ環境やまがた通信ブログでの
情報発信も、思いは同じです。


県立東根工業高校は
4月から、村山市に移転し、
県立村山農業高校と一緒に

icon12山形県立村山産業高等学校icon12

なります。

村山市内でも
ぜひ、大活躍していただきたいですね!

最後は、出席者同士の意見・情報交換を
行いました(写真、撮り忘れましたが~face07

これを機会にお気軽に、
県環境科学研究センターに
お問合せ、お声がけいただければと思います。

ちなみに、このセミナー、1月31日にも
山形県環境学習支援団体交流会と
同時開催しています。
その様子は、県ホームページ
紹介しておりますので合わせてどうぞface02

環境企画課 キボウ

  

Posted by 山形県 環境エネルギー部環境企画課 at 09:19体験レポート

2014年03月14日

どんぞうさん!?(o゚Д゚ノ)ノ

本日は、山形県森林研究研修センターの
「どんぞうさん」の取組みについてご紹介です。



遡ること2か月前の1月11日、
村山地域森づくり報告会に参加してきましたicon16

この報告会は、

やまがた緑環境税を活用した
みどり環境公募事業の採択を受けて、
森づくり活動をしている団体の皆様が
その年の活動を発表する会で、
県では、毎年、県内4地域で開催していますicon21



ポスター発表や講演、いろんな団体さんの発表、
意見交換会など、



私が担当している環境教育の事業にも
大変参考になりますenpitu2

この日、私が印象に残った発表の一つが、
山形県森林研究研修センターの
「どんぞうさん」の発表だったのです。



学校林を活用した森林環境教育モデルの
事業発表も興味深いものでしたし、

「元気で熱心だなぁ、
某刑事ドラマの鑑識役の俳優さん
に似ているなぁ」と印象深かったのです。

(同じ県の職員といえども、職場が違うと
会ったことのない職員もたくさんいるのですface07


「ブログは情報の鮮度が命だべ、
何、2か月前のこと載せてんだずface09」という皆様、
私も、「せっかく行ったけど、時期も外してしまったし、
このネタ&写真はお蔵入りだなぁface04」と思っておりました。


しかし、思いがけずface08、2月はじめ、
この「どんぞうさん」が来課し、
「学校林環境学習推進の検討会を
するから来ませんか?」とご案内があったのです。


と、いうわけで、前置きが長かったですが、
3月7日、その検討会に参加してきたということを
ご紹介したかったのです。


検討会の様子です ↓



森林研究研修センターでは、
平成22年度から平成25年度まで、
6校のモデル校で学校林を活用した
森林環境学習事業を実施しています。

学校のニーズを聞きながら、
様々な森林環境学習プログラムを
作成しています。

冒頭のクマさんは、「どんぞうさん」が
子どもたちと森林環境学習をする際に
親しみやすいように、作ったキャラクター
なのですface02

学校関係者の方も参加して、これまでの
活動の振りかえり、今後の事業推進について、
意見交換を行いました。




これまでも言われ続けていることですが、

こういったモデル校の取組みを継続して、
かつ、県内各地に広げていくことは、
一つの主体だけではできない、

市町村、森林組合、地域住民ボランティア、
県など関係団体が連携していく仕組みづくりが
大切だと再確認で、

またまた、当課の事業にも参考になりました豆


山形県森林研修研究センターの
学校林を活用した環境学習に興味のある方は
こちらをどうぞ。

学校林を活用した森林環境学習

環境企画課 キボウ






  

Posted by 山形県 環境エネルギー部環境企画課 at 08:57体験レポート

2014年03月05日

廃食油をリサイクルしたキャンドルづくり&キャンドルナイト★

しばらく更新停滞していたつなかんブログ・・・

「キボウもネタ切れかい」と(!?)
おなじみ、山形県地球温暖化防止活動推進員のSさんが、
体験記を寄せてくださいましたのでご紹介します!


★★★・*:..。o○☆*゚¨゚゚


皆さんこんにちは “S”です。

2月23日、三川町公民館で小学生を対象に
「お家できるエコリサイクル」をテーマに
廃食油でのキャンドルつくりの講師を行ってきました。

スポ少と重なったこともあり
参加者は小学生8名と少なかったですが
楽しくできました。




今回も山大農学部の学生にスタッフ応援をお願いし、
ただキャンドルをつくるだけでなく

東日本大震災での被災地へ寄り添い、
記憶に留めて欲しいとの想いで取り組んでいる
キャンドルナイトの活動の
話しもしていただいています。



キチンと耳を傾け、受け止めてくれたようです。




班で色を何色かつくり色を組み合わせ
自分色のキャンドルをそれぞれ工夫を凝らし
つくっていました。

女子はお互いにこの色が良いなど
と話しながらつくる方に専念していましたが




男子はキャンドルが固まる過程、
サイエンスの方に興味があったようです。




県及び三川町のスタッフの皆さん、山大農学部の学生と
みんなが和気あいあいと楽しい時間を共有できたものと
思います。

キャンドルハットも最初は恥ずかしがっていましたが・・・・
途中からは楽しく被ってもらっていたように思います。



キャンドルつくりは小さなことかも知れませんが
小さなことでも、もしかしたら自分が気づく、
周りの人に影響を与えることができるかもしれません。
そう思える楽しいひと時でした。


主催者から感想もいただきましたので、紹介します。

“子ども達もとても楽しんで、山大生とも打ち解けて、
良い時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございます。
活動後迎えの保護者に、
仕上げたキャンドルを自慢する様子も見られ、
大満足のようでした。”

最後になりましたが、
酒田市、鶴岡市で3月11日、
キャンドルナイトが開催されます。



人工の光から離れ自然の光に触れゆっくり流れる時間に浸り
悠久のときに想いを馳せるのも良いのでは・・・・。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚★★★

Sさん、ありがとうございます!

山形市内でも、3月11日(火)に
文翔館前の広場にて

東日本大震災追悼・復興祈念事業
~キャンドルナイト「追悼・復興への祈り」~

が実施されますので、お近くの方はぜひ、
おいでください。

環境企画課 キボウ
  

Posted by 山形県 環境エネルギー部環境企画課 at 10:26体験レポートイベント【省エネ】